マンガ

第2話。北海道に何しに来たの?

投稿日:2017年3月27日 更新日:

韓国のソウルから北海道はかなり遠いです。

飛行機に乗って3時間かかります。

でも、物理的距離よりももっと遠いのが心理的距離間。

日本で超メジャーな観光地の北海道は

韓国では割と知名度が低くて

ビールと雪まつりで札幌は知ってても

北海道は知らない人が多いです。

そしてなぜか福岡とよく間違えられる。

(は行と言うこと以外は何も共通点ないのに!

同じく、福島ともよく間違えられます。)

実は私も北海道に来る前には

北海道がどこにあるかよく知りませんでした。

にもかかわらず、私が北海道に来ることになったのは

北海道の某大学の獣医学科に入学したからです。

しかし、残念ながらこの話はかっこいい獣医は出ません。

(なぜならかっこいい獣医になれなかったから)

この話は文化の差に驚き、

牛になめられ

北海道の大自然と戦いながら

ゆる~く北海道での生活を楽しむ話です。

*私が入学する当時、韓国人に「北海道」はあまり知られていない所でした。そんな北海道もLCCの普及で今は結構メジャーな観光地になっています。

しかし、私が住んでいた帯広はいまだにマイナーで、今まで帯広を知っている韓国人を(帯広に住んでる人を覗いたら)一人しかあったことないのです。

まあ、日本の方にも帯広と言えば「豚丼」とか「花畑牧場」のイメージしかないかもしれませんが、私は帯広が大好きです。函館みたいにおしゃれでもないし、札幌のように都会でもありませんが、十勝平野を見ていると「これぞ、北海道!」という気分になるのです。

そんな私が大好きな帯広の良さを韓国の皆さんもわかってもらいたい。そういう気持ちで、今韓国のネットでもブログをやっています。

スポンサーリンク

*北海道の獣医学科の大学の話なので、「動物のお医者さん」を思い出す方もいるでしょう。何を隠そう。私もそのマンガを読んで、大好きになり、北海道に来ちゃったのです。しかし、その中の主人公とは違い、私はできない学生でした。遊ぶのが大好きで、国家試験も一回落ちています。(幸い、皆さんのおかげで今は免許を取ってますが)さらに、卒業後も獣医とは関係ない人生を送っています。

なので、どうしてもそんな専門的な話は出ません。失敗談はいっぱい出ると思いますが。。。。(笑)

第1話。韓国人の北海道田舎暮らし

第2話。北海道に何しに来たの?

第3話。外国人留学生の獣医学科の新入生歓迎会

第4話。韓国と日本でモテるタイプが違う?

第5話。外国人留学生の日本語の間違い

スポンサードリンク

PCのみ

PCのみ

-マンガ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第1話。韓国人の北海道田舎暮らし

韓国と言えば、こんなイメージかな? でも、私は実はこんな素敵な家で事はない、 ソ …

第3話。外国人留学生の獣医学科の新入生歓迎会

          *今更思え …

第5話。外国人留学生の日本語の間違い

私はとりあえず、日本語の読み書きや、会話にもあまり不自由を感じません。間違ったと …

第4話。韓国と日本でモテるタイプが違う?

やはり世界各国で暮らしてみると、国ごとにモテるタイプが違います。韓国人の私から感 …