観光

韓国・慶州旅行記・2泊3日・日程と経費

投稿日:2017年3月13日 更新日:

こんにちは。韓国人、ソウルパンダです。私はこの前、旦那と二人で慶州(キョンジュ)に2泊3日間旅行に行ってきました。詳しいことは後でまた書きますが、今日は簡略な日程と経費を書きたいと思います。私たちは車を借りず、バスを利用して移動しました。

一日目

ソウル→慶州

ソウル高速ターミナル→慶州バスターミナル→PETE COFFEE→大陵苑→慶州中央市場→慶州現代ホテル

スポンサーリンク

1) 高速バス

慶州のKTX(日本の新幹線のような高速列車)の駅は新慶州駅です。しかし、市内から少し離れているし、バスの方が安かったので、高速バスで行くことに。高速は優等バスと一般のバスがあり、優等バスは一列3シーツで、一般は4シーツです。所要時間は3時間40分です。

2)PETE COFFEE

慶州には最近おしゃれなカフェがいっぱいできているらしいので、カフェ好きの私にはたまらない!一番有名なPETE COFFEEに行きました。雰囲気やインテリアは正直いまいちでしたが、コーヒーが本当においしかったです。豆自体がおいしい。

左:PETE COFFEE 4000ウォン
右:バニラーラテ4000ウォン

3)大陵苑

大陵苑は新羅王朝のお墓が集まっているところです。23基の古墳があり、破壊され目に見えないものまで含めると200基以上らしいです。

周りに高いビルがなく、とても心が安らぐ場所でした。入場料 2000ウォン

4) 慶州中央市場 屋台

慶州中央市場には夜、屋台ができるらしいので行きました。思ったよりは小さかったのでちょっとがっかり。また、私は冬訪れたのでまだ寒くて外でご飯食べるのがなかなか厳しかったです。

食事代:キムパブ(海苔巻き)1500ウォン、天ぷら(4つ)2000ウォン、トッポキ3000ウォン、トンテキ5000ウォン

5)ホテル現代 慶州

慶州現代ホテルは慶州普門観光団地にあるホテルです。ちなみに、慶州普門観光団地は慶州市内から30分くらい離れています。

建物はちょっと古い感じがありますが、サービスやすぐ前の湖がとても綺麗。

私たちは2月の末の土曜日、一番安い部屋で12万ウォンでした。ちなみに、ここは花見で有名で、花見シーズンに行くと40~50万ウォンらしいので、参考までに。

夫婦なのに予約ミスでツインルーム

二日目

仏国寺地域

慶州普門観光団地→ハムヤンジブ→仏国寺→石窟庵→デドクジャン→瞻星台→慶州東宮と月池→韓屋宿 シャベル

1)慶州普門湖

慶州には市内からバスで30分くらい離れたところに普門湖という湖があります。この周りに観光団地が建てられていますが、慶州市内には歴史的な場所が多き、高いビルや大きな建物を建てれないため、一類のホテルはこの観光団地に集まっています。

この辺に泊まる方なら散歩してもいいかも。とても綺麗な湖です。しかし、桜の季節にはお勧めですが、その以外の時は市内に泊まる方ならわざわざ来ることはないかも?

2)ハムヤンジブ

ユッケ水刺身(육회물회)とユッケビビンバが有名な店です。

水刺身(물회、ムルヘ)とは刺身と野菜を冷たい汁と一緒に食べる料理ですが、もともとはイカなどでよく作るのですが、この店ではユッケで作るのが特徴です。

また、ユッケビビンバがとてもおいしい店です。私は個人的に今まで食べたユッケビビンバの中で一番良かったです。

ユッケムルヘ:13000ウォン

ユッケビビンバ:10000ウォン

ビビンバ 10000ウォン

3)仏国寺(プルグクサ)

慶州市内からバスで一時間、普門湖から30分かかる仏国寺は700年代に建てられたお寺です。新羅時代の人々が仏教の国を作りたくて建てたお寺なので、当時の建築をよく見れるところでした。韓国の歴史上スーパースターの仏国寺を実際行くことになって私はちょっと感動してしまいました。

入場料:5000ウォン

仏国寺

4)石窟庵(ソックラム)

同じく、新羅時代に建てられた人工石窟です。1900年代までは1200年前の原型を維持していましたが、残念ながら今は間違った復元により室堂の問題で、ガラス壁の向こうからしか見れなかったのでなんか切なくなりました。

入場料:5000ウォン

室内撮影禁止なので、外だけ

5)デドクジャン

キムチチゲチェーン店です!チェーン店ということも知らず入って食べたのですが、寒い私たちにはとても温まるいいメニューでした。

キムチチゲ1人前:7000ウォン

トッピング盛り合わせ:3000ウォン

ご飯おかわり:1500ウォン

これが二人前

6)瞻星台

夜景がとてもきれいな瞻星臺。周りに高いビルがなく、とても開放感がありました。600年代に作られた東洋最古の天文台遺跡です。

瞻星台

7)慶州東宮と月池

新羅の王宮の別宮跡らしい東宮と月池は池に移った建物がとても綺麗で、夜景名所です。とても綺麗。携帯のカメラでも写真が驚くほどきれいに映って大満足!

入場料:2000ウォン

東宮と月池

8)韓屋宿 シャベル

とても部屋が小さく、テレビもない部屋だったのですが、オンドルがあったかくて気持ちいい、清潔感のあった宿で私個人的には満足しました。

また、慶州市内のいろんな場所へ歩いてすぐ行けるところもいい。

スポンサーリンク

三日目

慶州遺跡巡り

慶州校村→ 校里キムパブ→五陵→新羅会館→慶州市外バスターミナル

1)慶州校村

300年前に建てられた韓屋村です。新しい韓屋ではなく、昔の建物が残っているので、昔の生活を覗いた気分。

2)校里キムパブ(ギョウリキムパブ)

慶州で一番有名な食堂ではないか思うくらい有名な店です。平日、持ち帰りなのにもかかわらず、30分待ち。食堂で食べることも可能です。長く並んで食べるの味ではないと思いますが、卵がいっぱい入っておいしい。キムパブ2人前6400ウォン

卵いーっぱい

3)五陵

慶州の中心からは少し離れていますが、変わった形の木がとてもよかったところ。入場料:1000ウォン

人が少なくてまたいい

4)慶州博物館

実は私は二日目に35000歩も歩いてしまい、この段階になったら歩ける力がなく、博物館はサラサラ見てしまいました。しかし、1300年前のものとは思えない繊細なアクセサリーや王冠などは圧巻です。

これが1000年前の王冠

5)新羅会館

サムパブ(サンチュでご飯を包んで食べる食べ物)の店です。品数がとても多くて、一つ一つがおいしかったです。

一人前:10000ウォン

6)市外ターミナル

ソウルに行くためには慶州高速ターミナルでバスを乗るんですが、釜山に行くには「市外バスターミナル」でバスに乗ります。

慶州→釜山のバス代は4800ウォン

2泊3日旅行の経費(2人)

交通費(慶州の市内バス代除外)

ソウル -> 慶州 高速バス 30300 x 2 = 60600
慶州 -> 釜山 市外バス 4800 x 2 = 9600

入場料

大陵苑 2000×2=4000

仏国寺 5000×2=10000

石窟庵 5000×2=10000

東宮と月池 2000×2=4000

五陵 1000x2=2000

食費

PETE COFFEE 8000

中央市場屋台 11500

ハムヤンジブ 25000

デドクジャン 18500

ギョウリキムバブ 6400

新羅会館 20000ウォン

宿泊費

ホテル現代 120000

シャベル 55000

2人 2泊3日総経費:364600ウォン

詳しい店や観光情報は後でアップしますね★

スポンサードリンク

PCのみ

PCのみ

-観光

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

江陵(カンヌン)一泊二日旅行 鏡浦湖とケシの花畑

江陵(カンヌン)一泊二日旅行 江陵中央市場を読む 江陵中央市場でご飯を食べ、まっ …

韓国・ソウル・サムスン経営のテーマパーク、エバーランド

韓国にはあのギャラクシーで有名なサムスンが経営しているテーマパークがあるというこ …

ソウル・ホテル・ノボテル ドクサン(novotel doksan)

ソウルに住んでいるため、ソウルのホテル紹介はあまりできないですが、今日は韓国人の …

「ソウルの森」のおしゃれ観光地、understand avenue

先日、コンテナで出来ているソウル・建大入口のショッピングモール「COMMON G …

江陵市(カンヌン) 観光紹介

Gangneung,강릉,江陵 江陵市(カンヌン)  江原道(カンウォン)の主要 …